日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインによるAGAに対しての治療法の推奨度

日本皮膚科学会は、1900年に創立された皮膚科に関しての学会であり、各種皮膚疾患に関する診療ガイドラインの作成等、科学的な根拠に基づいた情報の提供や標準的治療方法の促進等、公共の利益となる多様な取り組みを行っている公益社団法人です。2010年には、AGAとも呼ばれている男性型脱毛症の診療ガイドラインを作成しており、皮膚悪性腫瘍診療ガイドラインにおいて採用した推奨度の分類基準とエビデンス根拠のレベル分類により、ミノキシジル外用、塩化カルプロニウム外用、t-フラバノン外用、アデノシン外用、サイトプリン・ペンタデカン外用、フィナステリド内服、植毛等の治療法について、A、B、C1、C2、Dの5段階で評価しています。

 

 

ミノキシジル外用は、約150例を対象とした12週間の3件のランダム化比較試験と、それに引き継いで行われた24ヶ月の前後比較試験により、有意に発毛を促進させた上に副作用が生じなかったという良質な根拠が確認されて事で、AGA治療の外用療法における第一選択薬として強くおすすめできるという事で推奨度Aとされています。

 

塩化カルプロニウム外用は、1件の左右比較試験と2件の前後比較試験により、ある程度の発毛促進効果と脱毛抑制効果とが示されていますが、対象症例数が少ない上に統計的な検討が不可能という事から有益性が現段階では十分に実証されていないという事で、外用療法の一つとして行う事を考慮しても良いという意味の推奨度C1とされてます。

 

t-フラバノン外用、アデノシン外用、サイトプリン・ペンタデカン外用等の市販されている育毛剤に配合されている成分も同様に推奨度はC1であり、良好な結果が出ている一方で有効性を示すためのデータ症例が少ないという事からミノキシジル外用よりも低い評価につながっています。

 

ミノキシジル外用と同様に推奨度Aという高い評価を得たのが、フィナステリド内服です。国内で行われた臨床試験により、頭頂部の写真評価において58パーセントが軽度以上の改善、98パーセントが不変以上の効果が確認されており、勃起機能不全や写生障害等の副作用もプラセボと有意な差は認められていないので、内服療法の第一選択薬として強く推奨されています。

 

ただし、フィナステリドは、海外の良質なランダム化比較試験により、更年期以降の女性に生じた男性型脱毛症に対しては無効である事が確認されており、さらに妊婦に投与した場合は男子の生殖器の正常発育に悪影響を及ぼす恐れもあるので、妊婦、妊娠している可能性がある女性、授乳中の女性に対しての投与は禁止であり、女性全般についての推奨度は行わない様に勧めるという意味のDとされています。

 

植毛の場合は、自身の毛根組織を薄毛部分に移植する自毛植毛に関しては推奨度B、化学繊維等で作られた人口毛を移植する方法については推奨度Dとされています。推奨度Bとは、行うよう勧められるという意味で、フィナステリド内服等により十分な改善が得られない症例に対しては、十分な経験と技術を有する医師による施術は推奨されています。

 

この様に、日本皮膚科学会による男性型脱毛症診療ガイドラインでは、様々な治療についての詳細なデータが公表されており、実際の治療を受けるにあたって非常に貴重な参考資料として利用できます。正しい知識に基づいて適切な治療を行う事により、健康状態をキープしたままで薄毛の改善や症状の進行の防止を期待する事が出来ます。逆に、推奨度Dという評価を得ている治療法は、効果が期待できないだけではなく副作用に見舞われる危険があります。これらを選択しない様にするという事も、薄毛治療を行う上で重要なポイントとなります。

女性にも見られる男性型脱毛症のFAGAとは

AGAは男性型脱毛症とも言われていますので、男性のみが発症するのではないかと考えている人も少なくありませんが、実際には性別に関係なく、誰でもホルモンバランスが乱れたときに発症してしまいますので注意が必要です。抜け毛が増えてきたと感じるようになったら、一度専門のクリニックを訪問してみると、近年では女性の患者も増えていますので比較的気軽に相談できます。

 

 

女性が発症する場合には、男性の発症例と区別をするために、近年では女性男性型脱毛症、略してFAGAといわれるようになっています。FAGAとなる原因は男性ホルモンのバランスが乱れたことによるもので、血液中を流れるテストステロンという男性ホルモンが、毛根に入り込むことによってDHTという物質に変化し、毛母細胞の分裂や発毛を抑止するといわれています。さらに、この成分によって毛周期が乱れることにより、成長期が短くなって、髪が抜けにくいほど丈夫に成長する前に抜けてしまうことも影響して、抜け毛や薄毛を引き起こすといわれています。一方で、女性ホルモンであるエストロゲンは毛髪を育てる働きがありますし、毛周期も長くなって抜け毛の進行を緩やかにしてくれ、さらに男性ホルモンの分泌量が男性に比べてかなり少ないために、本来は男性に比べると抜け毛などの症状がみられるケースが少なくなっているといわれています。

 
しかし、近年では不規則な生活習慣やストレスなどの様々な事情が原因となり、ストレスによって若い年代のうちからエストロゲンの分泌が減少してくる上、男性ホルモンとのバランスが乱れることによってAGAを発症しやすい環境になりつつある人が少なくありません。そのため、近年では女性のAGA専門クリニックを利用している人が多くなっており、ブロック注射や塗り薬の処方などの様々な治療を受けています。なお、この治療にかなり有効とされているプロペシアなどの飲み薬に含まれている成分は、ホルモンバランスを整える作用がありますので確かに効果が期待できますが、妊娠や出産、生理などのホルモンによる影響を受けやすい女性には処方しないことがほとんどです。また、男性とは違って、抜け毛が局所的に気になるのではなく、全体的に髪の毛の量が少なくなったり、髪が細くなるといった症状になる人が多いため、厳密には男性に対して行っている治療とは一部プログラムを変更して治療をしていることがほとんどです。

 

 

基本的には、血液検査でホルモンのバランスを見たり、頭皮の状態や髪の太さなどからその人の症状の原因を突き止めていきます。それから適切な治療を組んでいくという流れになりますので、誰でも同じ治療内容になるとは限らず、頭皮が乾燥していたり毛穴に油が詰まっているなどの原因もみられる人の場合にはスカルプケアを中心としたり、部分的に抜け毛が気になっている人にはブロック注射やメソセラピーなどを行うなど、経過観察をしながらいろいろな治療を試していきます。

 

 

抜け毛専門のクリニックというと、通いにくいと感じる人も少なくありませんが、近年では性別によって場所が異なるクリニックもありますし、基本的には完全予約制、個室制でほかの患者と出会うこともまずありません。メールや電話などによるサポートも充実していますし、画一的に同じ治療をするわけではなく、その人の予算や希望、検査結果なども考慮してから治療プログラムを組んでもらえますので、まずは信頼できそうな医師のいるクリニックを探すことが重要になります。実際に通院している人の口コミがみられるサイトなども活用して、通いやすく親しみが持て、信頼できそうなクリニックを探してみましょう。

男性型脱毛症(AGA)に効く市販薬

男性型脱毛症で悩んでいる人が最近増えている理由は、社会が多様化し、その現代社会のストレスがその大きな要因といわれていますが、ハッキリとした原因は分かっていません。しかし、男性の薄毛は古くから問題になっており、その原因の究明と治療方法の研究は進められており、その治療薬も多数、開発されており、特に市販薬も効果が高いと言われるものも出ていること、評判の物が多数発売されていることから、様々な効用の中から自分に合ったものを選ぶことが出来る様になりました。

 

 

リアップは、比較的古くから髪の発毛や増毛に効果があるとされている商品でその考え方は、眠っている毛根に刺激を与えて成長を促進させ、髪を太くするというものです。このためにミノキシジルという有効成分を配合しており、この成分が実験で髪の生育に有効であることがわかっている為、リアップは育毛剤の中で唯一、第1類医薬品に認定されている商品です。ただし、医薬品のため、継続的周期的に使用して初めて効き目のあるもので、概ね継続使用して4か月程度で効き目が現れてくるともされています。医薬品であるため使用には注意が必要ですが、継続的に使用することで殆どの場合に効き目がある商品として人気が高いものです。

 
また、女性の薄毛に効くリアップリジェンヌと呼ばれる商品も発売されており、これは女性の髪の性質を考え、リアップに使用されている有効成分ミノキシジルを配合した女性専用の発毛促進剤です。リアップリジェンヌも第1類医薬品であり、用法を守って継続的に利用することで効き目のある製品です。一方、NFカロヤンガッシュは、カルプロニウム塩化物水和物といわれる成分が配合されている商品で、これは頭皮や毛根の血管を拡張させ血流を増加させる働きがあるとされているもので、このカルプロニウム塩化物水和物配合というところから第3種医薬品に認定されています。毛根の発育を促進するためには頭皮の血流を増加させることが大切で、これが増加すると毛根の毛乳頭に対する酸素や栄養の浸透圧が高まり十分行き渡るため、発毛促進に有効と考えられているからで、このようにNFカロヤンガッシュでは頭皮全体を活性化させることで発毛を促進するという考え方をしている商品です。

 
このようにAGAに対する治療薬の考え方が異なり、その為に成分も大きく異なるため、利用にあたって注意しなければいけないことは、自分に対してどちらのタイプが適しているのか、自分はどのような理由で薄毛なのかを医療機関などに相談ししっかりと分析してもらい把握することです。例えば頭皮全体の活動を促進して発毛促進を図ろうとするNFカロヤンガッシュの場合には、遺伝的に毛根の栄養を取り入れる能力が低い薄毛の場合にはその効果が薄いと言われており、その為、自分の薄毛の原因がどこにあるのかを医療機関などでしっかりと把握してから市販薬を選ぶのが良い方法です。

 

 

世の中には男性型脱毛性、通称AGAと呼ばれる症状で悩んでいる人が非常に多く、その研究も進んでいますが、なかなか現実にはその治療法は難しいもので、なかなか自分に合う治療法が見つかり難く苦慮している患者さんも多いものです。しかし、最近ではAGAの研究が進み、原因究明とその治療法の研究も総合的に進んでいることからドラッグストアなどでも非常に効用の高い製品が多数発売されています。これらの製品を使用する際には自分の症状をしっかり理解することが大切で、まずは製品を利用する前にしっかりと原因を究明する、そしてその症状をしっかりと理解することが大切であり、闇雲に使用しても効果は得られないという事を認識しておくことが大切です。

男性型脱毛症AGAの病院の治療方法

男性型脱毛症であるAGAは、男性だけでなく女性も症状が現れることがあり、一般的には抜け毛の量が増えて新たな髪の毛が生えにくくなるという症状で、徐々に薄毛が進行していきます。これには男性ホルモンが大きく関係していることが近年の研究で明らかになっており、日本でも専門の医療機関が多数ありますが、そこで行われる治療にはいろいろな種類があり、その人の症状などによって治療法を適宜変えています。

 

 

薄毛や抜け毛の治療というのは、一般的な病院では十分な治療は受けられません。元々、医療機関というのは基本的に疾患などを治療する目的で利用しますので、特に健康に影響があるわけではない薄毛治療の場合には保険診療の対象ともなりません。そのため、全国にはいくつか薄毛対策を専門としているクリニックができており、医療機関だからこそ使える薬や治療法を用いて、市販の育毛剤などでは期待できないような重度の薄毛も改善させています。

 
具体的な治療内容は、大きく分けて飲むタイプや塗るタイプの育毛剤を使用したり、成長因子の投与をしたり、検査をしてその人の抜け毛の原因を調べるなどの内容が中心となっていますが、初めてクリニックに出向くと、大体どこでもまず血液検査や頭皮の状態のチェックを行います。血液検査で男性ホルモンのバランスの乱れが原因であると判断された時には、ホルモンバランスを整える作用のある飲み薬を中心とした治療を行います。一般的にはプロペシアなどのフィナステリドを配合した飲み薬を処方しますが、これは男性のみに利用しており、妊娠や月経周期など、ホルモンバランスの乱れが大きなトラブルを招く恐れもある女性には使用しないことになっています。この成分は、一日に1mg摂取すればよいだけですが、継続的に利用することで抜け毛の改善効果がさらに高まるといわれていますので、忘れずに飲み続ける必要があり、一日一錠となっている商品が多く、処方してもらうのに大体一か月で1万円程度が必要になります。

 

 

国内では医師の処方がなければ購入できませんが、安価な海外からの個人輸入品を利用している人もいますが、検査などで原因がホルモンバランスの乱れかどうかを確認したり、一定期間治療を行って、その治療が患者に効果的かどうかを確認する経過観察ができなくなってしまいますので、できればクリニックでの治療を選ぶのが得策です。また、頭皮に塗るタイプのミノキシジルなどの治療薬もあり、こちらは頭皮の血行を活発にして、新しい髪の毛をはえてきやすくする効果がありますので、飲み薬と併用して処方されることも少なくありません。飲むタイプもありますが、基本的にはガイドラインに従って、頭皮にダイレクトに浸透する塗り薬として使用することが多くなっており危険性が少なく副作用もほとんどありませんので、安心して使うことができます。このほかにも、頭皮の栄養バランスや環境を整える育毛メソセラピーや成長因子の投与など、様々な治療法があり、医師は検査の結果や患者の希望なども取り入れながら、最適なプランを用意して治療を行っていきます。

 

 

このように、クリニックで治療を受けることによって、AGAはかなり改善されるといわれており、実際に9割以上の人がクリニックに通うようになってから何らかの改善効果を実感しています。一方で、自由診療のために長期の治療となると時間だけでなく費用もかなりかかってしまい、治療の途中で通うことをあきらめるといったケースも少なくはありませんので、まずは検査とカウンセリングを受けて、自分の治療の希望を計画するときに、費用面に関しても相談をして無理のない範囲で始めてみましょう。

男性型脱毛症でもあるAGAの原因について

AGAは男性型脱毛症の事を意味しており、原因は遺伝子による男性ホルモンの異常から起きると言います。また、男性型脱毛症は男性の薄毛の症状の1つであり、遺伝子検査を受けた上で治療を勧めることが大切なのです。専門クリニックでは、ハミルトン・ノーウッドと呼ばれる図を利用して、現在の薄毛の症状がどのような状態にあるのかを調べて、症状に合わせた形で治療を進めて行くケースが多くあります。

 

 

ハミルトン・ノーウッドはアメリカの医師でもあるハミルトン氏が作り上げたもので、薄毛のパターンを分類させ、AGAの薄毛の状態をI型からⅥ型までの薄毛の進行状態に合わせて分類されている図であり、図には髪の毛の薄くなっている様子が描かれており、薄くなっている図と、現在の頭皮の薄毛の症状がどの段階になっているのかを当てはめることで症状の進行具合を確認する事が可能になり、治療方針などを定めていく事が可能になるのです。また、ハミルトン・ノーウッドでは、生え際から薄くなるM型、頭頂部から薄くなるO型の二つに分類されているのが特徴で、薄くなるパターンはO型とM型の何れかの症状を持つ人と、二つの症状を持つ人などが居て、O型とM型の2つの薄毛の症状が同時に起きる人もいれば、O型もしくはM型のどちらか片方のみの症状を持つなど個人差を持つのが特徴です。

 

 

男性ホルモンの一つにテストステロンと呼ばれるホルモンが有ります。このホルモンは、髪の毛に影響を及ぼすホルモンの中では最も分泌量が多いと言われており、思春期を過ぎた頃から多く分泌されるようになります。これにより、性欲が強くなること、筋肉を作り上げる作用、そして毛を太くする作用をもたらせてくれるのが特徴なのですが、テストステロンと呼ばれるホルモンは男性型脱毛症の直接の原因になるものではないのです。

 

 

しかし、このホルモン自体が抜け毛を誘発させているわけではなく、20歳前後になると、5αリダクターゼと呼ばれる酵素が頭の前頭部と頭頂部で活発な働きをし、5αリダクターゼと呼ばれている酵素がテストステロンを誘発させてしまい、ジヒドロテストステロンと呼ばれる物質に変化させることで脱毛を促すようになり、発毛を阻害する結果に繋がるのです。尚、DHTは抜け毛を誘発させてしまう悪玉男性ホルモンであり、このホルモンの影響によってヘアサイクルが乱されてしまうと言うのがAGAの仕組みで有り原因となるのです。

 

 

尚、ヘアサイクルには成長期、休止期、退行期の3つのサイクルが有るのですが、DHTが作用する事で成長期の期間を極端に短くしてしまう性質があります。
一般的に正常な人の成長期は3年から5年と長いのですが、DHTが作用する事で成長期の期間を3か月ほどの期間にしてしまい、これが原因となり、太く長く伸びるはずの毛が途中で抜け落ちてしまい、薄毛の症状が起きるといわれており、更に、AGAはアンドロゲン受容体とDHTの感受性が高くなることで発症しやすいと言われているのですが、アンドロゲン受容体と言うのは、男性ホルモンレセプターとよばれるもので、これと結合する事で症状が起きるのだと言われているのです。

 

 

男性型脱毛症の治療は専門クリニックでの遺伝子検査を受けて、症状を特定した後にプロペシアと呼ばれる医薬品が処方されるのですが、プロペシアと言うのは医薬品の名称であり、プロペシアに含まれている成分のフィナステリドがDHTを抑制させる効果をもたらせてくれるのです。因みに、プロペシアに含まれているフィナステリドは男性機能低下などの副作用をもたらすと言われているのが特徴でもあり、治療で利用する場合には専門医の処方箋を利用したり、専門医の指示に従う事が大切なのです。